SAK オフロードバイク

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ オフロードBike記 - 最新情報 SAK Streets 検索 スマホ版
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

オフロードBike45 - 若狭 河内熊川、敦賀 マキノ林道、黒河林道、左京 峰床山

■滋賀 寒風麻生林道

  ・2007年06月12日(火)、敦賀のマキノ林道、黒河林道に一度行ってみようと、
    またまた寄り道一杯の無謀なツ−リングを計画した。
    氷ノ山で懲りたので、さすがに今日は8:45に出発。
    まずは、秋のツーリングにおにゅう峠へ美山の芦生から行けないものかと
    調査に向かう。
    しかーし、ゲートで通行不能。なんと無駄なことだったか。(^^;
    そもそもメインコースとかなり離れている。しおしおと遠回りをして、
    滋賀の寒風麻生林道へ向かう。
・これがそうなの? なんか草が... しかもどれも行き止まりになる。 GPSをじっくり確認したら、しっかりコースを間違っていた。(笑い)
・この辺り、GPSの音声ナビがうまく動作しない。 何度も画面を確認し、なんとか寒風麻生林道の南側に到着。
・いやあ、南側は水たまりの凄いこと。(^^; しかも所々に岩ころが団体さんで散乱している。
・北側はフラットで綺麗。短めに見えて、なかなか舗装路まで距離があった。 んで、ご近所にある若狭の河内熊川近辺のダートに向かう。 ■若狭 河内熊川近辺 ・河内熊川線の舗装路を進むと途中からダートになる。 印象としてかなり走りやすい。黄ヘルのおじさんなら全開走行だな。(笑い)
・これが、おにゅう峠へ抜けていると良いのだけど、バイクでは北側から入る 以外に手はない。そして、行けるところまで行ってUターンとなる。
・途中に右手(東側)に分岐するダートもあるが、さすがに今日は場間がない。 そこそこにしとかないと、また暗闇帰還になってしまう。(^^;
・道なり方向の終点は、キャンプ場? のようになっている。 けっこう登った気がするのだが、眺めは良くない。
・さて、引き返して、本来の目的の敦賀のマキノ林道、黒河林道へ向かう。 道中にあるメタセコイヤの並木も見て行こう。 ■敦賀 マキノ林道、黒河林道 ・メタセコイヤって、私にはただの木にしか見えない... (^^; 写真だけ撮って、マキノ林道の南側へGO!!
・「黒河林道は土砂崩れで通行止」の看板が... まっ、行けるとこまで行くと しよう... 南側のマキノ林道はけっこう荒れてる。
・この荒れた細い道を自衛隊の車両みたいなのが下りてくる。 道幅一杯の車両なので、私がUターンしてすれ違える所まで戻ったのだが、 このUターン時にまた足が路面に届かず、ぐらっと... (^^; くうっー重い。倒すしかないかと思ったが、人の目があると違うな〜。 なんとか立て直した。(笑い) ただ、この後、ひねったわき腹や背中辺りが痛い道中となる。 やれやれ、歳はとりたくないものじゃ。(^◇^;)
・北側の黒河林道はフラットで走りやすい。 それにしても距離あるな〜。かなり走ってると思うのだが...
・結局、土砂崩れらしい箇所はなく、無事に通り抜けられた。 もしかして、最初にあった大きな岩のことかな? 四輪だと、ちょっと通れないかも。 ここで素直に帰れば良いものを、続いて滋賀の八淵の滝に向かった。 道中、琵琶湖の写真を撮り、滝山へ続く「ダートがあるかも」コースを 進んだが、しっかり舗装路だった。(かなりウネウネしている) で、その先の八淵の滝なんだけど、入場料に300円が必要で、しかーも、 滝までは徒歩で行かなければならない。 一応、えぐい登山道みたいなのの手前までは歩いた。しかし、滝は遙か彼方 のようで音すら聞こえない。モトクロスブーツでは体力の限界。(^^; 時間もないし引き返したが、けっこう汗だくになってしまった。 ひゅるる〜。またまた無駄な時間を浪費してしまった。(--;)(--;) で、ルート367に向かって横谷トンネルを抜ける。こちら側もウネウネと 堪能するほどの舗装路。しかも、横谷トンネルが細く、照明なしの真っ暗で 長いんだ。かなり怖い感じがして八淵の滝でかいた汗がひいた。(笑い) もう十分走った感じはあったが、そこはそれ、懲りない私は最後に左京の 峰床山近辺へ向かう。 ■左京 峰床山近辺 ・ここまでの道中、やたら時間がかかっているのだが、琵琶湖の写真ぐらいしか 成果がない。(笑い) 17:05になっていたが、峰床山へ向かう北側のゲートが 開いていたので、どうせ、行き止まりだろうと軽い気持ちで行く。
・軽い気持ちは危険だなあ〜。ダートがあり、しかも長く続いていたりする。 うう、明るいうちに帰れるのだろうか...
・幸い路面は実に走りやすい。峰床山を越えて南側へと続いている。 途中にもゲートがあったが、これも開いていた。
・しかし、幸運は続かないもの。下りきって、ぼちぼち舗装路かと思うところで ゲートが閉じられている。そんな殺生な〜。時間的に戻れませーーーん。 仕方なくゲート横の歩行者用の丸太橋? を苦労して抜けた。
・さて、それから細い舗装路をかなり走らされて抜け出たところは、花背峠の 南側だった。18:15だし、ここからだとまだまだ帰りの道中がある。(^^; なんでこんな無謀な距離を走るかな〜。 かなり頑張って、19:30に帰宅した。 走行距離 388km でした。 ・洗車をどうしたものか迷ったが、今日洗っとかないと明日からは雨かもと 疲れているのに帰宅後、GSに向かった。 電灯の明かりじゃ、ちゃんと洗車できてるかわかんない〜。(^^; ・そうそう、帰り、祖父谷峠の下あたりでスピードメータが動くなくなってた。 さっきまで動いてたのに〜って感じ。(^◇^;) 当然、距離計も止まっている。走行距離はGPSの値としたが、ウネウネが かなり多かったから、実際の距離はもう少しあると思う。 リアのブレーキもどうも不具合があるように思うし、メータも含めて色々と 修理しなくてはならない。 お金のかかることばかりじゃ。(--;)(--;) ■オフロードBike記
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ オフロードBike記 - 最新情報 SAK Streets 検索 スマホ版



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK