SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

パソコン基礎知識 ハード編 (その二) ケース、電源、マザーボード、BIOS、IRQ

■ケース

  ・デスクトップ、ミニタワー、ミドルタワー、フルタワーなど様々なケースが
    あります。たくさんの HDD やカードを使用するなら、冷却にゆとりのある
    フルタワーケースが良いです。
    一般に電源はケースに付いてきます。

■電源

  ・スイッチング電源は、250W、300W、350W などあります。
    通常の構成なら 250W で十分、少し増設するなら 300W。
    一杯に入れるつもりなら 350W が良いです。
    特に複数の HDD を使用する場合、電源にゆとりがないとヘッドクラッシュ
    の確率が大きくなります。

■マザーボード

  ・CPU や周辺チップが載っています。マザーにはやはり相性問題と言うのがあ
    るらしく、メジャーなメーカが良いです。
    また、マザーによって使用できる CPU が限定される製品もあります。

  ・マザーボードには、内部電池として、ボタン型のリチウム電池が搭載されて
    います。4 年は持つと聞いています。
    昔の IBM のマザーでは、電池がなくなると起動時にエラーになって、起動
    できなくなると言うことがありました。
    最近のマザーは、起動はするので、日付と時間をセットし直せば、とりあえ
    ずの動作に支障はないはずです。

  ・4 年ぶりに PC を新調すると、マザーから ISA スロットが消えていました。
    時代の流れを感じます。

■BIOS ベーシック入出力システム(バイオス)

  ・CPU にリセット信号が送られると、定められたメモリアドレスにジャンプす
    る。通常、ここには BIOS の ROM がマッピングされている。
    BIOS は、周辺チップの初期化やメモリのテストなどを行い、優先順位の高
    い装置から IPL プログラムを読み込もうとする。
    BIOS には、このようなブート処理と標準デバイスとの基本入出力サブルー
    チンが納められている。SCSI デバイスへの I/O (入出力) プログラムは、
    SCSI カード内の ROM に存在する。

  ・最近の BIOS には、設定画面インタフェースを持つものが多い。
    ハードの基本的な設定も受け持っている。

  ・メモリタイミングなども設定できるマザーもありますが、auto 設定モード
    が一番高速でした。ATA-RAID はカードが SCSI 接続なので、SCSI ブートに
    しないと RAID からブートできません。
    一般的にブートは、FPD、CD、HDD の順にスキャンするようにします。

  ・キーボードのリピートタイミングも設定できるマザーがあります。
    私はミニマム値に設定しました。

  ・マウスによっては PS2 コネクタオート認識で使えなく、有効固定にする必
    要のあるものがあります。(賢いマウス系)
    ただ、最近のマザーのタイミングとマウス初期化のタイミングがどうしても
    合わないものもあるようです。
    散々、苦労した挙げく、マイクロソフト光学マウスに買い換えて解決しまし
    た。尚、USB マウスやシリアルマウス接続にすると、重い処理のときにマウ
    スカーソルが飛んでしまうようです。
    最終的に私は、PS2 コネクタ接続、PS2 オート認識で使用しています。

■DMA

  ・DMA コントローラは、メモリ情報をハード的にプロック転送します。
    CPU や PIO の処理性能が低かった時代に良く利用されました。
    現在でも一部ハードやソフトで使われてはいますが、ほとんどが PIO 転送
    になっています。
    DMA は、CPU バスを占有してしまうので、マルチタスクシステムでは、
    あまり歓迎されなかったのも衰退をまねいた原因かもしれません。
    現在のパソコンで DMA チャンネルが不足することはまずないです。

■IRQ

  ・割り込みコントローラは DOS/V あたりから 2 個搭載されています。
    それでも使える総数は 14 に過ぎません。
    標準的なハードがいくつか固定の IRQ 番号を使用するので、ユーザが使え
    る IRQ は更に少なくなります。
    従って、IRQ の割り当ての必要な装置やカード類は、スロットが余っていて
    も使用できないと言うことがあります。

  ・IRQ を余分に確保する一番の方法は、フル SCSI マシンにすることです。
    SCSI カードに IRQ を与えれば、CD、MO、HDD が 7 台まで接続できます。
    但し、IDE タイプの CD、MO、HDD を SCSI 接続はできません。
    一般に SCSI タイプの周辺機器は IDE タイプより高価です。

■パソコン基礎知識 ハード編資料
■パソコン基礎知識 画像編資料
■パソコン基礎知識 C 言語編資料
■パソコン基礎知識 Windows 編資料
■コンピュータシステム導入編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK