SAK オフロードバイク

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ オフロードBike記 - 最新情報 SAK Streets 検索 スマホ版
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

オフロードBike140 - 丹波 下実勢、和知 火の口、峰、仏主林道、篠山 川阪

■園部 横尾峠

  ・2012年10月10日(水)、昨夜、天気予報を見ると11日に雨マークが...
    うーん、秋ツーの下見に行っときたいし、朝から頑張って仕事して、なんと
    か12:30に終了。12:40バタバタと出発。
    まずは、道中の横尾峠へ向かう。さすがに10月となると実に快適な気温。(^^)
・13:01横尾峠の南側に到着。 そろそろと進むと... あちゃー、林業作業で通れない。仕方なくUターン。
・ショートコースではあるけど、走りたかったなあ〜。 まあ、仕方ないね。
・ゆっくり戻って、舗装路を北上。 13:07北側のダート終点を上から撮影。
・このコンクリの下り、けっこう急なのだ。 今日は、予定がてんこ盛りなので、そそくさと次の下実勢へ向かう。 ■丹波 下実勢 ・13:17下実勢の南側に到着。 日曜未明の雨がけっこうな降りだったが、路面は乾いている。
・ところで、メインのタワーPCをウルトラブックに変更した。 外部モニターにフルキーボード、ワイヤレスマウスとメインPCとなる運用。
・ウルトラブックの液晶は閉じたまま。(笑い) 6秒でスリープから復帰する。 一からブートしても30秒でログイン画面までくる。SSDは、かなり速い。
・フルハイビジョン動画編集機になりつつあるDELLのタワーPCとの速度比較で もSATA-REID0にSSDは負けてない。CPUパワーは2/3(0.67倍)と少し劣る。
・で、13:25北側に抜ける。舗装が少しだけ南下し最終コーナの直前に迫って いる。さて、いよいよ、みぃやさん探査の林道へ向かう。 ■和知 火の口林道、峰林道 ・13:52火の口林道(と言うらしい...)の南側に到着。(途中から峰林道となる) ゲートがあったが開いていた。(獣除けみたい)
・けっこう距離がある。途中の分岐は直進方向ではなく、右の東方向に進む。 今日はややこしいと思って、GPSのMioを持ってきたのだ。(^^)
・なかなか感じの良いダート、14:09北側に抜ける。5kmぐらいあったかなあ〜。 ここまで来ると、仏主林道に寄ってくしかないよね... ■和知 明石林道、仏主林道、大滝林道 ・14:13明石林道の南側に到着。(って、すぐだけど) ここ2010年、2011年の土砂崩れ箇所は修復されたかなあ〜。
・中間地点の手前、土砂崩れ箇所は綺麗に整備されてる。 気を良くして、仏主林道へと進む。
・この北側を走るのって、実に久しぶり。 気持ち良いなーって思ってたら...
・ぎゃああああ!! 大土砂崩れ。(--;)(--;) 春にみぃやさんが言ってたのは、 先の修復されたとこじゃなく、ここのことだったのかあ〜。
・もうすぐ大滝林道の分岐と言うところで、終点も間近なのに... 仕方なくUターン。中間地点の分岐を南に抜け14:56舗装路に抜ける。 ■篠山 川阪 ・16:00北中央の入口に到着。けっこう遠い... ここもみぃやさん探査のダート。(北東のアプローチは危険そうでパスした)
・南に登りだしてのすぐの分岐を東方向に進む。 が... 危険、危険、細くて怖いような道。まったく走ってそうにない感じ。
・けっこう進んだのだが、下りに転じたところでGPSを確認すると、東に進ん でいる。どうもパスした北東のアプローチに向かっているよう。
・最初の分岐を右の西方向に向かうのが正解のよう。 慎重に戻って、そこそこ、まともそうなコースを登る。
・途中にけっこう分岐があるが、さっきの怖いコースで疲れてしまったので、 無難に抜けそうなコースを走る。
・で、16:30舗装路に抜けてみると... あれれ???? GPSによると、南側に抜け てない。ぐるっと回って、北西の別の出口に出てる。
・予定とは違うが疲れてしまい、帰還コースへ。 17:30地元のGSにたどり着き、あまり汚れていなかったが洗車して休憩。 GSを出ると真っ暗。(^^; 洗車してるときは、まだ見えたのに〜。 17:50帰宅、走行距離 181km でした。 ■オフロードBike記
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ オフロードBike記 - 最新情報 SAK Streets 検索 スマホ版



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK