SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

ASP VB Script 基礎実地編1 - ハロー ASP、ヒアドキュメント、変数埋め込み

Active Server Pages(ASP) - VB Script で、簡単なデータベース問い合わせを
作るまでを順に説明する。

■ハロー ASP 作成

  ・何も指定せずに記述した部分は、HTML ヒアドキュメントになる。
    単純な「ハロー ASP」は、次のようになる。

<%@ Language=VBScript %>
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>ハロー ASP</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<P>はじめての ASP ですのん。</P>
</BODY>
</HTML>

  ・プログラムらしく、変数埋め込みを使用すると、次のようになる。

<%@ Language=VBScript %>
<%
  const title = "ハロー ASP"
  dim msg

  msg = "はじめての ASP ですのん。"
%>
<HTML>
<HEAD>
<TITLE><% = title %></TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<P><% = msg %></P>
</BODY>
</HTML>

  ・response.write で書き出すパターンは、次のようになる。

<%@ Language=VBScript %>
<%
  const title = "ハロー ASP"
  dim msg

  msg = "はじめての ASP ですのん。"
%>
<HTML>
<HEAD>
<TITLE><% = title %></TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<%
  response.write("<P>" & msg & "</P>")
%>
</BODY>
</HTML>

  ・メッセージをループでレンポンスすると、次のようになる。

<%@ Language=VBScript %>
<%
  const title = "ハロー ASP"
  dim msg
  dim i

  msg = "はじめての ASP ですのん。"
%>
<HTML>
<HEAD>
<TITLE><% = title %></TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<%
  response.write("<P>")
  for i = 1 to 10
    response.write(i & " 回目 - " & msg & "<BR>")
  next
  response.write("</P>")
%>
</BODY>
</HTML>

  ・ASP では、format が使用できない。番号をフォーマットするときは、
    次のようにする。(回数を 000001 〜 000010 とする場合。)

<%@ Language=VBScript %>
<%
  const title = "ハロー ASP"
  dim msg
  dim i, s

  msg = "はじめての ASP ですのん。"
%>
<HTML>
<HEAD>
<TITLE><% = title %></TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<%
  response.write("<P>")
  for i = 1 to 10
    s = right("000000" & i, 6)
    response.write(s & " 回目 - " & msg & "<BR>")
  next
  response.write("</P>")
%>
</BODY>
</HTML>

■ASP VB Script 基礎実地編資料
■ASP VB Script 基礎編資料
■ASP VB Script ADO + SQL 応用編資料
■ASP VB Script oo4o + SQL 応用編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK