SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

PostgreSQL 編1 - UNIX コマンド、Cygwin 2.05b、Cygwin B20(bash 2.02)

Cygwin 2.05b、Cygwin B20(bash 2.02) で、UNIX コマンドが必要となるので、
最小限のものをまとめておく。

Cygwin 2.05b のインストールについては、
PostgreSQL + Web 編4 - Cygwin 2.05b、Cygipc 1.11.1 インストール、移行
を参考にして下さい。

Cygwin B20(bash 2.02) のインストールについては、
PostgreSQL 編2 - Cygwin B20、.bashrc、IPC パッチ、PostgreSQL インストール
を参考にして下さい。

■cd  カレントディレクトリ変更

  ・Cygwin B20 起動直後は、システムルートがカレントとなっていた。
    cd と入力して、ホームディレクトリに切り換えておいた方が安全である。
    ディレクトリを省略するとホームディレクトリとなる。
    ホームディレクトリは、環境変数 HOME で設定する。
    起動時にホームディレクトリの .bashrc を処理しているようなので、ここ
    で HOME を export しておくと良い。
    尚、.bashrc と言うファイル名はエクスポローラから直にはファイル名が許
    されず作成できなかった。エディタの「名前を付けて保存」で作成した。

cd
cd /
cd /usr/local
cd ..

-- .bashrc --
HOME=/
export HOME
cd
ls -aF

■ls / dir  ファイル一覧表示

  ・ワイルドカード指定は、DOS と同等と思う。

ls
ls /
ls dirname
ls dirname/*
ls dirname/abc*
ls filename
ls -F /
   |_ -a 「.」で始まるファイルも表示
      -R サブディレクトリも処理
      -F 「/」等の分類記号を付加して表示
      -1 1 行に 1 アイテム表示
      -C 1 行に複数表示

■mkdir  ディレクトリ作成

mkdir /test
mkdir -p /test/aaa
      |_ -p 親ディレクトリも作成

■rm  ファイル削除

  ・rmdir は、ディレクトリが空でないと削除できないので、rm -r でディレク
    トリ削除する方が便利である。

rm filename
rm -f filename
   |_ -f 保護ファイルも削除
      -i 削除前に警告
      -r ディレクトリ、サブディレクトリ、ファイルも全て処理

■rmdir  ディレクトリ削除

  ・DOS と同様にディレクトリが空でないと削除できない。

rmdir dirname

■cp  ファイルコピー

cp filename1 filename2
cp path2/* path2
cp -R path2 path2
   |_ -i 上書き確認あり
      -f 上書き確認なし
      -p タイムスタンプもコピー
      -R サブディレクトリも処理

■mv  ファイル移動

  ・同一場所を指定すれば、リネームとなる。

mv filename1 filename2
mv -i path1/* path2
   |_ -i 上書き確認あり
      -f 上書き確認なし

■tar  アーカイブ処理

tar -zxf arcfile
    |_ -c アーカイブ
       -r アーカイブ追加
       -x 解凍
       -z gzip の圧縮解凍を同時に行う
       -f 使用アーカイブファイル、アーカイブ装置

■echo  文字列表示

echo string

■exit  シェル終了

exit

■mount  ファイルシステムマウント

mount c:/xxx /
mount -f c:/xxx/xxx /usr/xxx
      |_ -f 強制マウント、警告表示なし

■umount  ファイルシステムアンマウント

umount /
umount -f /
       |_ -f 強制アンマウント

■netstat  ネットワーク状況

netstat

■printenv  環境変数表示

printenv

■ps  実行中プロセス表示

ps
ps -u
   |_ -u ユーザ表示
      -a ユーザプロセス表示
      -f プロセス親子関係表示
      -j ジョブ形式表示

■jobs  ジョブ一覧表示

jobs -l
     |_ -l プロセス番号表示
        -p グループリーダプロセス番号表示

■&  バックグランド実行

pgmname &

■kill  プログラム強制終了

kill job
kill processid

■|  複数コマンド実行

cmd1 | cmd2

■>  標準出力リダイレクト

cmd1 > ファイル

■<  標準入力リダイレクト

cmd1 < ファイル

■>>  標準出力リダイレクト追加

cmd1 > ファイル

■>&  標準出力、標準エラーリダイレクト

cmd1 >& ファイル

■whoaim  自ユーザ情報表示

whoaim

■export  環境変数設定

  ・PATH は、DOS と同等の機能で、複数パスは「:」で区切り設定する。

export VAR
export VAR = data

■env  プロセス環境変数設定

env VAR = data cmdname

■source  シェル設定ファイル処理

source /.bashrc

■シェルスクリプト

  ・DOS のバッチファイルのようなものが作れる。
    制御構造はかなり強力である。

#!/bin/sh
echo "シェススクリプトですねん。" 
ls -aF

■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK