SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

PostgreSQL + Servlet、JSP 編1 - war 作成、JDBC 配置、Servlet, JSP テスト

■Tomcat PostgreSQL JDBC、JAVA Servlet、JSP 実行環境

  ・JAVA Servlet、JSP アクセスをする準備として、Tomcat の
    /jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/ 配下に実行環境を作成する必要がある。
    また、JDBC ドライバの配置も行う。

■Servlet、JSP 実行フォルダ作成

  ・JAVA サーブレット(Servlet) *.class のコンバイルは、次のように行う。

cd /src
javac test.java

  ・テスト用の Servlet、JSP 実行フォルダ作成のための war パッケージファ
    イルを作成する。次のようなフォルダ構成をワークに作成する。
    jsp/ には、*.jsp を置く。
    classes/ には、*.class を置く。
    lib/ には、*.jar を置く。

  sak/
    jsp/
    WEB-INF/
      classes/
      lib/

  ・war パッケージファイルは、次のように作成する。

cd /src/sak
jar cvf sak.war ./*

  ・作成された sak.war を /jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/ 配下に置き、
    Tomcat を再起動すると、自動的に展開され実行環境の設定が行われる。
    /jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/ がこれで利用可能となる。

  ・webapps/ 配下に直接、ファイルを作成するだけでは、実行ができないので、
    war 展開で初期セットアップすると良い。
    その後は、*.jsp、*.class、*.jar を直接その場所に置いても実行できる。

  ・Servlet への実行 URL は、
      http://sak-design:8080/sak/servlet/test
    となる。

  ・JSP への実行 URL は、
      http://sak-design:8080/sak/jsp/test.jsp
    となる。

■JDBC ドライバ postgresql.jar インストール

  ・PostgreSQL 7.0.2 の JDBC ドライバは、次のようにインストールする。

c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/postgresql.jar

  ・CLASSPATH は、次のようにした。
    尚、Cygwin B20 では、「"」で囲まないと「;」でエラーになる。
    また、普通のパスは、Cygwin B20 では「:」で区切るが、CLASSPATH は、
    DOS と同じく「;」でかつ、「c:/...」のようにシステムパスから指定する
    必要がある。

export CLASSPATH=".;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/lib/common/servlet.jar;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/postgresql.jar"

■JDBC ドライバ pgjdbc2.jar インストール

  ・PostgreSQL 7.2.3 の JDBC ドライバは、次のようにインストールする。
    pgjdbc2.jar については、JDBC ドライバの make もうまくいかず、ダウン
    ロードしてきた。(Servlet や JSP のソースの修正は不要であった。)

c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/pgjdbc2.jar

  ・CLASSPATH は、次のようにした。
    尚、Cygwin B20 では、「"」で囲まないと「;」でエラーになる。
    また、普通のパスは、Cygwin B20 では「:」で区切るが、CLASSPATH は、
    DOS と同じく「;」でかつ、「c:/...」のようにシステムパスから指定する
    必要がある。

export CLASSPATH=".;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/lib/common/servlet.jar;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/pgjdbc2.jar"

■JAVA Servlet テスト

  ・単純なサーブレットのテストを行う。
    尚、S-JIS、日本語 EUC コードを使用しても日本語が表示できなかった。
    なにか指定方法がありそうである。(JSP は日本語が普通に使えた。)

// test.java
import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class test extends HttpServlet {

  public void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res) throws IOException, ServletException {
    PrintWriter rw = res.getWriter();
    rw.println("<!DOCTYPE HTML PUBLIC \"-//W3C//DTD HTML 4.0//EN\">");
    rw.println("<HTML>");
    rw.println("<HEAD>");
    rw.println("<META http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\">");
    rw.println("<TITLE>JAVA Servlet Test</TITLE>");
    rw.println("</HEAD>");
    rw.println("<BODY>");
    rw.println("<P>JAVA Servlet Test...</P>");
    rw.println("<P>OK</P>");
    rw.println("</BODY>");
    rw.println("</HTML>");
  }

}

  ・コンパイルは、次のようにする。

cd /src
javac test.java

  ・test.class を /jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/classes/ 内
    に置き、http://sak-design:8080/sak/servlet/test として実行する。

■JAVA Server Page(JSP) テスト

  ・単純な JSP のテストを行う。
    Servlet と違い、JSP は、S-JIS での日本語表示も OK であった。

<%@ page import="java.util.*" contentType="text/html; charset=Shift_JIS"%>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>JAVA Server Page(JSP) Test</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<%
out.println("<P>JAVA Server Page(JSP) Test...</P>");
out.println("<P>JSP は、日本語も OK</P>");
%>
</BODY>
</HTML>

  ・JSP は、ソースをそのまま実行する形となるので、test.jsp を
    /jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/jsp/ 内に置き、
    http://sak-design:8080/sak/jsp/test.jsp として実行する。

■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK