SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SQL 基礎編 (その二) ビュー操作 create view、select、drop view

■create view

  テーブルまたは、既存ビューに対するビュー(見せかけ) のようなものを創成
  します。
  【例】create view sak.品番v1 as select
          品番,
          入庫数,
          出庫数,
          入庫数 - 出庫数            as 在庫数,
          受注数,
          更新担当者,
          更新日付,
          更新時間
          from  sak.品番m

    「入庫数 - 出庫数」は計算項目を定義しています。
    「as 在庫数」は、その view での項目名を定義します。

    view では、この他に where 句による抽出条件も指定できます。
    但し、order by 句によるソート条件などは指定できません。
    (ソート指定はクエリーで出来るので不要。)

  【例】create view sak.受注v1 as select
          受注番号,
          受注m.品番                 as 品番,
          受注m.受注数               as 受注数,
          品番v1.受注数              as 受注累積,
          在庫数,
          受注m.得意先CD             as 得意先CD,
          得意先名,
          受注m.更新担当者           as 更新担当者,
          受注m.更新日付             as 更新日付,
          受注m.更新時間             as 更新時間
          from  sak.受注m, sak.品番v1, sak.得意先m
          where 受注m.品番           = 品番v1.品番 (+)
          and   受注m.得意先CD       = 得意先m.得意先CD (+)

    これは、3 個のテーブルを結合したビューを作っています。
    結合条件は where 句で指定しています。
    同項目名がテーブルにある場合は「受注m.」の様に修飾します。
    この場合、これがビューの項目名となってしまうので、「as 品番」の様に
    ビューとしての項目名を与えています。
    Oracle は、別名定義の as を省略できます。(受注m.品番 品番)

■drop view

  ビューを削除します。
  【例】drop view sak.品番v1

■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK