SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SQL クラスタ - クラスタ索引、ハッシュクラスタ、データベースリンク

クラスタ索引、ハッシュクラスタ、データベースリンクは、Oracle 固有の機能
かもしれない。SQL-Server で使用できるか不明。

■クラスタ作成

  ・結合ビューで使用するテーブルなどをクラスタにまとめておくとレスポンス
    が良くなる。次のように結合キーを指定してクラスタは作成する。

  create cluster sak.clu (
    品番      varchar2(020),
    得意先CD  char    (004)
  );

  ・クラスタ作成で指定したキーの索引を次に作る。
    (クラスタ索引、クラスタインデックス、クラスタ化インデックス)

  create index sak.cluix on cluster sak.clu;

  ・クラスタにテーブルを作成するには、次のようにする。

  create table sak.受注m2 (
    受注番号  char    (012),
    品番      varchar2(020),
    得意先CD  char    (004),
    受注数    number  (012)
  )
  cluster sak.clu (
    品番,
    得意先CD
  );

  ・既にクラスタ外にテーブルが存在するなら、次のようにする。

  create table sak.受注m3
  cluster sak.clu (
    品番,
    得意先CD
  )
  as select * from sak.受注m
  ;

  ・クラスタの削除は、次のようにする。

  drop table sak.受注m2;
  drop cluster sak.clu;

  ・ハッシュクラスタというのもある。
    ハッシュ値に指定する素数がようわからん。(^^;
    尚、ハッシュクラスタでは、クラスタ索引は作成しなくてもよい。
    primary key、unique 制約項目に対して、自動的に索引を作成する。


  create cluster sak.clu (
    品番      varchar2(020),
    得意先CD  char    (004)
  )
  hashkeys ハッシュ値
  ;

■データベースリンク(DBLINK、DB リンク)

  ・データベースリンクでは、他の Oracle サーバにリンクアクセスする。

  create database link dbl1
    connect to SAK
    identified by PASSWORD
    using 'oracle_server'
  ;

  ・実際のアクセスは、@リンク名でする。

  select * from sak.受注m@dbl1;

  ・データベースリンクの削除は、次のようにする。

  drop database link @dbl1;

  ・データベースリンクから、テーブルのスナップショット(snapshot) を作成
    することができる。

■SQL 基礎実地編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK