SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

MySQL 編8 - 問い合わせ、レコード参照、クエリ、select、like、count、concat

■データベース問い合わせ

  ・リレーショナルデータベース(RDB) では、select 文を用いて、実に様々な
    問い合わせが可能である。

  ・特定のデータを抜き出す指定は次のようにする。
    この例では、key1 の先頭が「a」で始まるものだけが問い合わされる。
    like は、部分一致を行う。

select
  key1,
  data1,
  data2,
  data3
from testm
where key1 like 'a%'
order by key1
;

  ・問い合わせ件数(照会件数)を引き取るには、次のようにする。

select count(*) from testm where key1 like 'a%';

  ・次の構文はエラーとなる。

select
  key1,
  data1,
  data2,
  data3,
  count(*) as ct
from testm
where key1 like 'a%'
order by key1
;

  ・group by での count 構文は OK。

select
  key1,
  sum(data1),
  sum(data2),
  sum(data3),
  count(key1) as ct
from testm
where key1 like 'a%'
group by key1
;

  ・複数条件で抽出するには、次のようにする。
    この例では、key1 が「a001」と「b002」のものが問い合わされる。
    where 句には、and、or を複合条件指定できる。
    () で囲まれた条件ほど優先順位が高い。

select
  key1,
  data1,
  data2,
  data3
from testm
where key1 = 'a001' or key1 = 'b002'
order by key1
;

select
  key1,
  data1,
  data2,
  data3
from testm
where (key1 = 'a001' or key1 = 'b002') and data1 > 0
order by key1
;

  ・項目指定に「*」を指定すると、全ての項目が含まれる。

select
  *
from testm
where key1 like 'a%'
order by key1
;

  ・特定の項目を見せたくないときは次のようにする。
    この例では、data2 と言う項目がなくなる。

select
  key1,
  data1,
  data3
from testm
order by key1
;

  ・項目名を異なった項目名に変更する場合は、次のようにする。
    この例では、data1 と言う項目名が「abc」と言う項目名に変更されている。

select
  key1,
  data1 as abc,
  data3
from testm
order by key1
;

  ・計算項目を作る場合は、次のようにする。
    この例では、data1 + data2 の合計が「total」と言う項目名で追加される。
    様々な SQL 関数を用いた計算項目が作成できる。

select
  key1,
  data1 + data2 as total,
  data3
from testm
order by key1
;

  ・文字列の結合項目を作る場合は、次のようにする。
    この例では、data1 と data2 の結合文字が「stritem」と言う項目名で追加
    される。SQL 関数を用いたフォーマットなども可能である。
    MySQL では「||」による結合はできないようである。concat() を使用する。

select
  key1,
  concat(data1, data2) as stritem,
  data3
from testm
order by key1
;

+------+---------+-------+
| key1 | stritem | data3 |
+------+---------+-------+
| a001 | 12      |     3 |
| a011 | 12      |     3 |
| b002 | 1020    |    30 |
| c003 | 100200  |   300 |
+------+---------+-------+

select concat('123', 4);

+------------------+
| concat('123', 4) |
+------------------+
| 1234             |
+------------------+

select concat('123', '4');

+--------------------+
| concat('123', '4') |
+--------------------+
| 1234               |
+--------------------+

select concat('123', cast(4 as char));

+--------------------------------+
| concat('123', cast(4 as char)) |
+--------------------------------+
| 1234                           |
+--------------------------------+

select concat('123', convert(4, char));

+---------------------------------+
| concat('123', convert(4, char)) |
+---------------------------------+
| 1234                            |
+---------------------------------+

  ・「+」では、次のように数値計算となる。

select '123' + 4;

+-----------+
| '123' + 4 |
+-----------+
|       127 |
+-----------+

select '123' + '4';

+-------------+
| '123' + '4' |
+-------------+
|         127 |
+-------------+

  ・strcmp() で文字列の大小比較が次のようにできる。

select strcmp('123', '456');

+----------------------+
| strcmp('123', '456') |
+----------------------+
|                   -1 |
+----------------------+

select strcmp('456', '123');

+----------------------+
| strcmp('456', '123') |
+----------------------+
|                    1 |
+----------------------+

select strcmp('123', '123');

+----------------------+
| strcmp('123', '123') |
+----------------------+
|                    0 |
+----------------------+

■MySQL 編資料
■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK