SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SQL 基礎実地編 (その四) 問い合わせ、レコード参照、クエリ

■データベース問い合わせ

  ・リレーショナルデータベース(RDB) では、select 文を用いて、実に様々な
    問い合わせが可能である。

  ・特定のデータを抜き出す指定は次のようにする。
    この例では、キーの先頭が「a」で始まるものだけが問い合わされる。
    like は、部分一致を行う。

  select
    キー,
    データ1,
    データ2,
    データ3
  from sak.テストm
  where キー like 'a%'
  order by キー
  ;

  ・問い合わせ件数(照会件数)を引き取るには、次のようにする。

  select
    キー,
    データ1,
    データ2,
    データ3,
    count(*) 件数
  from sak.テストm
  where キー like 'a%'
  order by キー
  ;

  ・複数条件で抽出するには、次のようにする。
    この例では、キーが「a001」と「b002」のものが問い合わされる。
    where 句には、and、or を複合条件指定できる。
    () で囲まれた条件ほど優先順位が高い。

  select
    キー,
    データ1,
    データ2,
    データ3
  from sak.テストm
  where キー = 'a001' or キー = 'b002'
  order by キー
  ;

  select
    キー,
    データ1,
    データ2,
    データ3
  from sak.テストm
  where (キー = 'a001' or キー = 'b002') and データ1 > 0
  order by キー
  ;

  ・項目指定に「*」を指定すると、全ての項目が含まれる。

  select
    *
  from sak.テストm
  where キー like 'a%'
  order by キー
  ;

  ・特定の項目を見せたくないときは次のようにする。
    この例では、データ2 と言う項目がなくなる。

  select
    キー,
    データ1,
    データ3
  from sak.テストm
  order by キー
  ;

  ・項目名を異なった項目名に変更する場合は、次のようにする。
    この例では、データ1 と言う項目名が「あいうえお」と言う項目名に変更さ
    れている。Oracle は、「データ1 as あいうえお」を「データ1 あいうえお」
    と「as」がなくても良い。

  select
    キー,
    データ1 as あいうえお,
    データ3
  from sak.テストm
  order by キー
  ;

  ・計算項目を作る場合は、次のようにする。
    この例では、データ1 + データ2 の合計が「合計」と言う項目名で追加され
    る。様々な SQL 関数を用いた計算項目が作成できる。

  select
    キー,
    データ1 + データ2 as 合計,
    データ3
  from sak.テストm
  order by キー
  ;

  ・文字列の結合項目を作る場合は、次のようにする。
    この例では、データ1 と データ2 の結合文字が「結合文字」と言う項目名
    で追加される。SQL 関数を用いたフォーマットなども可能である。
    但し、数値項目の文字結合はできない。

  select
    キー,
    データ1 || データ2 as 結合文字,
    データ3
  from sak.テストm
  order by キー
  ;

  ・テストm のデータ1 と データ2 は数値なので、実際にこの項目を結合した
    い場合は、次のようにする。
    to_char() は、数値を文字列に変換する。
    逆に to_number() は、文字列を数値に変換する。

  select
    キー,
    to_char(データ1) || to_char(データ2) as 結合文字,
    データ3
  from sak.テストm
  order by キー
  ;

  ・複数のテーブルやビューを結合した問い合わせるできる。
    結合する条件が必要なので、なんでもかんでも結合できるわけではない。
    次のテーブルがあったする。サンプルm のコード1 は、テストm のキーに
    対応しているものとする。

  create table sak.テストm (
    キー             char    (008)     primary key,
    データ1          number  (009, 0),
    データ2          number  (009, 0),
    データ3          number  (009, 0)
  ) STORAGE(INITIAL 100M NEXT 20M MAXEXTENTS 99);

  create table sak.サンプルm (
    番号             char    (008)     primary key,
    データ1          number  (009, 0),
    データ2          number  (009, 0),
    コード1          char    (008),
    コード2          char    (008)
  ) STORAGE(INITIAL 100M NEXT 20M MAXEXTENTS 99);

  ・サンプルm のコード1 にテストm のキーを結合(ジョイン join) する場合、
    次のようにする。
    サンプルm の項目とコード1 に該当するテストm のデータ1 が「参照項目」
    と言う名前で参照結合される。
    もし、テストm に存在しないキーの場合は、「参照項目」には NULL がセッ
    トされる。但し、「(+)」を省略すると参照できないレコードは含まれなく
    なる。結合時に同名の項目名が複数のテーブルやビューに存在する場合、ど
    ちらの項目を示しているかテーブル名やビュー名で修飾しなければならない。
    修飾すると、項目名も修飾付きになってしまうので、as 句で見やすい名前
    にすると良い。
    STORAGE は、Oracle 固有のオプションかもしれません。

  select
    番号,
    サンプルm.データ1 as データ1,
    サンプルm.データ2 as データ2,
    コード1,
    テストm.データ1   as 参照項目,
    コード2
  from sak.サンプルm, sak.テストm
  where サンプルm.番号 = テストm.キー (+)
  order by 番号
  ;

  ・たくさんのテーブルやビューを結合する場合、修飾が見にくく難解になって
    くる。その場合、次のようにする。
    from 句でテーブルやビューの一時名を指定して、それで修飾する。
    上手く使うと、すっきりした SQL 文にできる。

  select
    番号,
    a.データ1 as データ1,
    a.データ2 as データ2,
    コード1,
    b.データ1 as 参照項目,
    コード2
  from sak.サンプルm a, sak.テストm b
  where a.番号 = b.キー (+)
  order by 番号
  ;

  ・サンプルm のコード1 とコード2 が同じくテストm を参照するような結合問
    い合わせはできない。
    いろいろ試した見たが、ストアドファンクションで参照すれば良い。
    次のようになる。

  select
    番号,
    データ1,
    データ2,
    コード1,
    sak.GetTestm(コード1) as 参照項目1,
    コード2,
    sak.GetTestm(コード2) as 参照項目2
  from sak.サンプルm
  order by 番号
  ;

  ・ストアドファンクション GetTestm のコードは、次のようになる。

  create or replace function sak.GetTestm (cd in varchar2) return varchar2 is
    ret varchar2(200);
  begin
    begin
      select データ1 into ret from sak.テストm where キー = scdk;
    exception
      when OTHERS then
        ret := '';
    end;
    return ret;
  end;
  /

■SQL 基礎実地編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK