SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

PostgreSQL + Web 編2 - JAVA Servlet、JSP、J2SDK、Tomcat、JDBC 環境

■PostgreSQL + JDBC、JAVA Servlet、JSP 環境

  ・PostgreSQL を JAVA サーブレット、JSP でアクセスするための環境を準備
    する。これまた win32 版がなかなかわからず、Tomcat で試してみる。
    Apache と Tomcat の連携については、次の資料を参考にして下さい。
    PostgreSQL + Web 編3 - Apache、Tomcat 連携、mod_jk.dll、mod_jk.conf

■JAVA2 SDK 1.3.1 インストール

  ・PostgreSQL 7.0.2 なら、J2SDK として、j2sdk-1_3_1-win.exe を
    c:/cygnus/j2sdk/ としてインストールする。

■JAVA2 SDK 1.4.0 インストール

  ・PostgreSQL 7.2.3 なら、J2SDK として、j2sdk-1_4_0-win.exe を
    c:/cygnus/j2sdk/ としてインストールする。

■Tomcat 3.3.1 インストール

  ・Tomcat は、JAVA Servlet 2.2、JAVA Server Page 1.1 に簡易ウェブサーバ
    がセットになっている。
    jakarta-tomcat-3.3.1.zip を解凍して、jakarta-tomcat-3.3.1 フォルダを
    c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/ として配置する。

■.bashrc に Tomcat 設定追加

  ・Tomcat 環境変数 TOMCAT_HOME、JAVA_HOME を .bashrc に追加する。
    尚、修正後に「source /.bashrc」と実行するか、Cygwin B20 を再起動する
    必要がある。

export HOME=/
export PATH=/j2sdk/bin:/usr/local/mysql/bin:/usr/local/perl/bin:$PATH:/usr/local/pgsql/bin:/usr/local/bin:/usr/local/apache
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=/usr/local/pgsql/lib
export PGDATA=/usr/local/pgsql/data
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/pgsql/lib:/usr/local/lib
export TOMCAT_HOME=c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1
export JAVA_HOME=/j2sdk
export CLASSPATH=c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/lib/common/servlet.jar
cd
ls -aF

■mount 設定

  ・JAVA ソース用に g:/tmp/ を「mount -f g:/tmp /src」としてマウントする。

mount -f g:/tmp /src

Device           Directory           Type        Flags
c:\cygnus\cygwin-b20\share /sw/cygwin-b20/share    native      text!=binary
g:\tmp           /src                native      text!=binary
c:\cygnus        /                   native      text!=binary

■Tomcat 起動、終了

  ・Tomcat の起動は、次のようにする。

cd /jakarta-tomcat-3.3.1/bin
startup.sh

  ・Tomcat の終了は、次のようにする。

cd /jakarta-tomcat-3.3.1/bin
shutdown.sh

■Tomcat ウェブサーバアクセス

  ・Tomcat ウェブサーバ root へは、次のようにアクセスする。

http://sak-design:8080/

  ・Apache ウェブサーバ www へは、次のようにアクセスする。
    Apache サービスを起動しておけば、両方の環境が同時に使用できた。

http://sak-design/

  ・尚、Apache に統合できないかと挑戦したが、エラーに悩まされて今回は
    見送った。

■PostgreSQL JDBC ドライバコンパイル

  ・JAVA Servlet、JSP で PostgreSQL にアクセスするための JDBC ドライバ
    postgresql.jar をコンパイル作成する。

export CLASSPATH=./
cd /usr/src/pgsql/postgresql-7.0.2/src/interfaces/jdbc
make jdbc2

  ・次のように make が終了すれば、
    /usr/src/pgsql/postgresql-7.0.2/src/interfaces/jdbc/ に
    正しく postgresql.jar ができている。

...
...
...
------------------------------------------------------------
The JDBC driver has now been built. To make it available to
other applications, copy the postgresql.jar file to a public
place (under unix this could be /usr/local/lib) and add it
to the class path.

Then either add -Djdbc.drivers=org.postgresql.Driver to the
commandline when running your application, or edit the
properties file for your application (~/.hotjava/properties
under unix for HotJava), and add a line containing
jdbc.drivers=org.postgresql.Driver

More details are in the README file and in the main postgresql
documentation.

------------------------------------------------------------
To build the examples, type:
JDBC1:  make examples
JDBC2:  make examples2

To build the CORBA example (requires Java2):
  make corba

To make the tests, type:
  make tests
------------------------------------------------------------

  ・JDBC 接続テスト用サンプルコードをコンパイルする。

export CLASSPATH=./
cd /usr/src/pgsql/postgresql-7.0.2/src/interfaces/jdbc
make examples2

  ・JDBC 接続テストをする。

ipc-daemon &
postmaster -i &
export CLASSPATH=./
cd /usr/src/pgsql/postgresql-7.0.2/src/interfaces/jdbc
java example.basic jdbc:postgresql:template1 SAK SAK
export CLASSPATH=c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/lib/common/servlet.jar

  ・正常な example.basic の処理結果は次のとおり。

PostgreSQL basic test v6.3 rev 1

Connecting to Database URL = jdbc:postgresql:template1
Connected...Now creating a statement
ERROR:  Relation 'basic' does not exist

Running tests:
Updated 3 rows
performing a query
  a=1 b=8
  a=2 b=8
  a=3 b=8
  a=4 b=2
  a=4 b=3
  a=4 b=4
performing another query
  a=1 b=8
  a=2 b=8
  a=3 b=8
  a=4 b=2
  a=4 b=3
  a=4 b=4
Now closing the connection

■JDBC ドライバ postgresql.jar インストール

  ・PostgreSQL 7.0.2 の JDBC ドライバは、次のようにインストールする。

c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/postgresql.jar

  ・webapps/sak/WEB-INF/lib/ の作成については、次の資料を参考にして下さい。
    PostgreSQL + Servlet、JSP 編1 - war 作成、JDBC 配置、Servlet, JSP テスト

  ・CLASSPATH は、次のようにした。
    尚、Cygwin B20 では、「"」で囲まないと「;」でエラーになる。
    また、普通のパスは、Cygwin B20 では「:」で区切るが、CLASSPATH は、
    DOS と同じく「;」でかつ、「c:/...」のようにシステムパスから指定する
    必要がある。

export CLASSPATH=".;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/lib/common/servlet.jar;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/postgresql.jar"

■JDBC ドライバ pgjdbc2.jar インストール

  ・PostgreSQL 7.2.3 の JDBC ドライバは、次のようにインストールする。
    pgjdbc2.jar については、JDBC ドライバの make もうまくいかず、ダウン
    ロードしてきた。(Servlet や JSP のソースの修正は不要であった。)

c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/pgjdbc2.jar

  ・webapps/sak/WEB-INF/lib/ の作成については、次の資料を参考にして下さい。
    PostgreSQL + Servlet、JSP 編1 - war 作成、JDBC 配置、Servlet, JSP テスト

  ・CLASSPATH は、次のようにした。
    尚、Cygwin B20 では、「"」で囲まないと「;」でエラーになる。
    また、普通のパスは、Cygwin B20 では「:」で区切るが、CLASSPATH は、
    DOS と同じく「;」でかつ、「c:/...」のようにシステムパスから指定する
    必要がある。

export CLASSPATH=".;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/lib/common/servlet.jar;c:/cygnus/jakarta-tomcat-3.3.1/webapps/sak/WEB-INF/lib/pgjdbc2.jar"

■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK