SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

ASP VB Script 基礎編 (その四) 基本事項、ユーザ関数

基本的に VB6 と同じですので、次の資料も参考にして下さい。
■基本事項

  ・構文には C、C++、JAVA、Perl と違い大文字小文字の区別がない。
    従って、i と I は同じ変数である。
    また、組み込み関数など大文字小文字の区別がない。

  ・パラメタは C とは違い VB6 と同じアドレス渡しである。
    従って、ユーザ関数内で引数を変更すると呼んだ側の変数の値も変わってし
    まうので注意すること。

■ユーザ関数

  function UserFunction(para1, para2)
    dim rcd
    コード...
    UserFunction = rcd
  end function

  ** UserFunction には戻り値を渡すことができます。
  ** 呼び出し方は、rcd = UserFunction("abc", 123) と記述します。
  ** 関数内の rcd は、ローカル変数です。呼び出す側の rcd とは関係なし。

■ユーザ関数(戻り値なし)

  sub UserFunction(para1, para2)
    コード...
  end sub

■ASP VB Script 基礎編資料
■ASP VB Script ADO + SQL 応用編資料
■ASP VB Script oo4o + SQL 応用編資料
■ASP VB Script 基礎実地編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK