SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

JAVA Servlet、JSP 基礎編5 - 数値関数、日付時間関数、Date、Calendar

■数値関数

  Math.abs()     絶対値
  Math.floor()   切り捨て
  Math.round()   四捨五入
  Math.random()  乱数発生

  ・Math オブジェクトはスタティックのため、新たなインスタンスを作成する
    必要はない。早い話、いつでも使える。
    Math オブジェクトには、三角関数なども含まれている。

■Math.abs() (絶対値)

  【例】
  i = Math.abs(-10);
               |_ 数値

  ** i には、10 がセットされます。

■Math.floor() (切り捨て)

  【例】
  i = Math.floor(1.5);
                 |_ 数値

  ** i には、1 がセットされる。

■Math.round() (四捨五入)

  【例】
  i = Math.round(1.5);
                 |_ 数値

  ** i には、2 がセットされる。

■Math.random() (乱数発生)

  【例1】
  i = Math.random();

  【例2】
  j = Math.floor(Math.random() * 10);

  ** i には、0 〜 1 の範囲の乱数がセットされる。
  ** j には、0 〜 10 の整数がセットされる。

■Date.UTC 標準時間ミリ秒

  ・二つの日付や時間の差を求めたりするのに使用する。
    戻り値は、ミリセカンドである。

  long ms = Date.UTC(2001 - 1900, 11 - 1, 12, 21, 37, 0);
                |            |       |   |   |   |_ 秒
                |            |       |   |   |_ 分
                |            |       |   |_ 時
                |            |       |_ 日
                |            |_ 月 - 1
                |_ 年 - 1900

■Date オブジェクト

  ・日付や時間を取得する。
    一部の戻り値にたいして、+1900、+1 などの加算をしないと、
    一般的な日付にならないので注意する。

<%@ page import="java.util.*" contentType="text/html; charset=Shift_JIS"%>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>JAVA Server Page(JSP) Test</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<%
  Date date = new Date();

  int yy = date.getYear();            // 0 = 1900 年
  int mm = date.getMonth();           // 0 = 1 月
  int dd = date.getDate();
  int yb = date.getDay();             // 0 = 日曜日
  int hh = date.getHours();
  int mn = date.getMinutes();
  int sc = date.getSeconds();
  long ms = date.getTime();            // ミリセカンド換算値
  int gm = date.getTimezoneOffset();  // GMT との差(分単位)

  out.println("<P>変数 yy = " + yy + "</P>");
  out.println("<P>変数 mm = " + mm + "</P>");
  out.println("<P>変数 dd = " + dd + "</P>");
  out.println("<P>変数 yb = " + yb + "</P>");
  out.println("<P>変数 hh = " + hh + "</P>");
  out.println("<P>変数 mn = " + mn + "</P>");
  out.println("<P>変数 sc = " + sc + "</P>");
  out.println("<P>変数 ms = " + ms + "</P>");
  out.println("<P>変数 gm = " + gm + "</P>");
%>
</BODY>
</HTML>

変数 yy = 102
変数 mm = 11
変数 dd = 31
変数 yb = 2
変数 hh = 19
変数 mn = 39
変数 sc = 16
変数 ms = 1041331156765
変数 gm = -540

■Calendar オブジェクト

  ・日付や時間を取得する。
    一部の戻り値にたいして、+1900、+1 などの加算をしないと、
    一般的な日付にならないので注意する。

<%@ page import="java.util.*" contentType="text/html; charset=Shift_JIS"%>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>JAVA Server Page(JSP) Test</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<%
  Calendar date = Calendar.getInstance();

  int yy = date.get(Calendar.YEAR);
  int mm = date.get(Calendar.MONTH);  // 0 = 1 月
  int dd = date.get(Calendar.DATE);
  int hh = date.get(Calendar.HOUR);   // 12 時間
  int mn = date.get(Calendar.MINUTE);
  int sc = date.get(Calendar.SECOND);

  out.println("<P>変数 yy = " + yy + "</P>");
  out.println("<P>変数 mm = " + mm + "</P>");
  out.println("<P>変数 dd = " + dd + "</P>");
  out.println("<P>変数 hh = " + hh + "</P>");
  out.println("<P>変数 mn = " + mn + "</P>");
  out.println("<P>変数 sc = " + sc + "</P>");
%>
</BODY>
</HTML>

変数 yy = 2003
変数 mm = 0
変数 dd = 3
変数 hh = 3
変数 mn = 15
変数 sc = 28

■JAVA Servlet、JSP 基礎編資料
■JAVA Servlet、JSP + PostgreSQL 編資料
■JAVA Servlet、JSP + Oracle9i 編資料
■PostgreSQL 編、JAVA Servlet、JSP 編資料
■MySQL 編資料
■SQL 基礎編資料
■SQL 基礎実地編資料
■SQL チューニング編資料
■Oracle PL/SQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK