SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

ホームページ作成 JAVA Script 編 (その五) 数値関数、日付時間関数、その他

■数値関数

  Math.abs()     絶対値
  Math.floor()   切り捨て
  Math.round()   四捨五入
  Math.random()  乱数発生

  ・Math オブジェクトはスタティックのため、新たなインスタンスを作成する
    必要はない。早い話、いつでも使える。
    Math オブジェクトには、三角関数なども含まれている。

■Math.abs() (絶対値)

  【例】
  i = Math.abs(-10);
               |_ 数値

  ** i には、10 がセットされます。

■Math.floor() (切り捨て)

  【例】
  i = Math.floor(1.5);
                 |_ 数値

  ** i には、1 がセットされる。

■Math.round() (四捨五入)

  【例】
  i = Math.round(1.5);
                 |_ 数値

  ** i には、2 がセットされる。

■Math.random() (乱数発生)

  【例1】
  i = Math.random();

  【例2】
  j = Math.floor(Math.random() * 10);

  ** i には、0 〜 1 の範囲の乱数がセットされる。
  ** j には、0 〜 10 の整数がセットされる。

■window オブジェクト

  ・イベント
      window_onload()               HTML ロードイベント
  ・メソッド
      window.alert('メッセージ')    メッセージボックス表示
      window.confirm('メッセージ')  確認メッセージボックス表示

■document オブジェクト

  ・メソッド
      document.write()  HTML 出力

■Date.UTC 標準時間ミリ秒

  ・二つの日付や時間の差を求めたりするのに使用する。
    戻り値は、ミリセカンドである。

  ms = Date.UTC(2001 - 1900, 11 - 1, 12, 21, 37, 0);
                |            |       |   |   |   |_ 秒
                |            |       |   |   |_ 分
                |            |       |   |_ 時
                |            |       |_ 日
                |            |_ 月 - 1
                |_ 年 - 1900

■Date オブジェクト

  ・日付や時間を取得する。
    一部の戻り値にたいして、+1900、+1 などの加算をしないと、
    一般的な日付にならないので注意する。

  var date = new Date();

  yy = date.getYear();            // 0 = 1900 年
  mm = date.getMonth();           // 0 = 1 月
  dd = date.getDate();
  yb = date.getDay();             // 0 = 日曜日
  hh = date.getHours();
  mn = date.getMinutes();
  sc = date.getSeconds();
  ms = date.getTime();            // ミリセカンド換算値
  gm = date.getTimezoneOffset();  // GMT との差(分単位)

■setTimeout タイムアウト設定

  ・指定ミリセカンド後にイベント関数を呼ぶ。
    時間待ちや時間監視に使用する。

  timerid = setTimeout('TimeOut()', 5000);
  |                     |           |_ ミリセカンド (5 秒 = 5000)
  |                     |_ タイムアウト後に呼ぶ関数
  |_ タイマーID

  ・タイムアウトの設定解除は、次のようにする。

  clearTimeout(timerid);
               |_ タイマーID

■setInterval インターバルタイマ設定

  ・指定ミリセカンド毎にイベント関数を呼ぶ。
    時間待ちや時間監視に使用する。

  timerid = setInterval('Interval()', 5000);
  |                      |            |_ ミリセカンド (5 秒 = 5000)
  |                      |_ インターバル毎に呼ぶ関数
  |_ タイマーID

  ・インターバルタイマの設定解除は、次のようにする。

  clearInterval(timerid);
                |_ タイマーID

■onmouseover マウスイベント

  ・マウスが上にのるとなにかさせる。

function button1_onmouseover() {
  window.button1.value="オンマウスオーバー";
}

function button1_onmouseout() {
  window.button1.value="オンマウスアウト";
}

<INPUT id=button1 name=button1 type=button value=Button
 LANGUAGE=javascript onmouseout="return button1_onmouseout()"
  onmouseover="return button1_onmouseover()">

■location.href ロケシーョンジャンプ

  ・指定 URL へ移動する。

  document.location.href = 'url';

■OnMouseOver、OnMouseOut マウスイメージロールオーバ

  ・マウスがボタン画像にのると別の画像を表示する。
    このボタン例は、submit のため、画像貼り付けボタンとややこしいことに
    なっている。通常は単純な <A> タグで処理できる。

  ・imgmax は、イメージセット数 n。
    imgout[n - 1].src は、n 番目の通常画像。
    imgovr[n - 1].src は、n 番目のロールオーバ画像。

<HTML>
<HEAD>
<SCRIPT LANGUAGE=javascript>
<!--
// イメージロールオーバ
  var imgmax = 2;
  var imgovr = new Array();
  var imgout = new Array();
  var i;

  for (i = 0; i < imgmax; i++){
    imgovr[i] = new Image();
    imgout[i] = new Image();
  }
  i = 0;
  imgout[i].src   = 'image0out.gif';
  imgovr[i++].src = 'image0ovr.gif';
  imgout[i].src   = 'image1out.gif';
  imgovr[i++].src = 'image1ovr.gif';

function image_onmouseover(imgnum, imgname) {
  document.images[imgname].src = imgovr[imgnum].src;
}

function image_onmouseout(imgnum, imgname) {
  document.images[imgname].src = imgout[imgnum].src;
}
//-->
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
<FORM>
  <BUTTON STYLE="BACKGROUND-COLOR: white; BORDER-STYLE: none;"
    type="submit"
    OnMouseOver="image_onmouseover(0, 'submit')"
    OnMouseOut="image_onmouseout(0, 'submit')">
    <IMG src="image0out" width="80" height="24" border="0"
    name="submit">
  </BUTTON>
  <BUTTON STYLE="BACKGROUND-COLOR: white; BORDER-STYLE: none;"
    type="reset"
    OnMouseOver="image_onmouseover(1, 'reset')"
    OnMouseOut="image_onmouseout(1, 'reset')">
    <IMG src="image1out.gif" width="80" height="24" border="0"
    name="reset">
  </BUTTON>
</FORM>
</BODY>
</HTML>

■ホームページ作成 JAVA Script 編資料
■プログラミング言語資料
■企業サイト、商用サイト作成編資料
■ホームページ作成 HTML 編資料
■ホームページ作成 設計編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK