SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

ホームページ作成 JAVA Script 編 (その一) 言語構造、注釈、変数、演算子

クライアントサイド JAVA Script の基礎を簡単に説明していきます。

■トークン

  ・JAVA は、大文字小文字に厳密な違いがあるので注意する。
    ほとんどの構文は小文字である。

■Script 開始記述

<SCRIPT LANGUAGE=javascript>
<!--
  ここに JAVA コードが入る
//-->
</SCRIPT>

  ・HTML 中に <SCRIPT> タグを使用して、JAVA コードは記述します。
    イベント系(HTML ロードやボタンクリックなど) のコードは、
    <HEAD>...</HEAD> 間に記述するのが普通のようです。
    その他のコードは、実行が必要な箇所に記述します。
    尚、関数は、呼ばれる前に解析されている必要があるので、呼ぶ関数より、
    呼ばれる関数の方を手前に記述します。

【使用例1】イベントハンドル

<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>JAVA テスト1</TITLE>
<SCRIPT LANGUAGE=javascript>
<!--
function window_onload() {
  window.alert('HTML ロード!!');
}

function button1_onclick() {
  text1.value = 'ボタンクリック';
}
//-->
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY LANGUAGE=javascript onload="return window_onload()">
<P>
<INPUT id=text1 name=text1>
 
<INPUT id=button1 name=button1 type=button value=Button LANGUAGE=javascript onclick="return button1_onclick()">
</P>
</BODY>
</HTML>

  ・HTML がブラウザにロードされると、「HTML ロード!!」のメッセージボック
    スが表示されます。

  ・フォームロード時(window_onload) に、特定の入力テキストボックスに
    フォーカスをセットするには、document.FORM1.text1.focus(); のような
    コードを記述します。

  ・「Button」をクリックすると、テキストボックスに「ボタンクリック」とセ
    ットされます。

  ・ボタンを無効化するには、window.FORM1.button1.disabled = true; のよう
    なコードを記述します。

  ・submit ボタンなどを JAVA の実行で制御するには、
    <input type="submit" name="submit" value="投稿" LANGUAGE=javascript onClick="return CheckForm(this.form);">
    のように onClick に true が返るとサブミットされ、false が返ると何も
    されません。
    ボタンが押されると、CheckForm() 関数が呼ばれ、CheckForm() 関数の戻り値
    によって、実際の投稿をする、しないなどの制御ができます。

  を無効化するには、window.FORM1.button1.disabled = true; のよう
    なコードを記述します。

  ・JAVA クライアントサイドスクリプトの場合、イベントファンクションは、
    該当するタグに
      LANGUAGE=javascript eventname="return event_function()"
    を記述しなければ動作しません。

<BODY LANGUAGE=javascript onload="return window_onload()">
                          |              |_ window_onload() 関数を呼ぶ
                          |_ HTML ロードイベント

<INPUT ...value=Button LANGUAGE=javascript onclick="return button1_onclick()">
                                           |               |_ button1_onclick() 関数を呼ぶ
                                           |_ クリックイベント

【使用例2】その他

<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>JAVA テスト2</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<P>
<SCRIPT LANGUAGE=javascript>
<!--
  var msg1 = 'あいうえお';
  var msg2 = 'かきくけこ';

  document.write(msg1 + '<BR>' + msg2);
//-->
</SCRIPT>
</P>
</BODY>
</HTML>

  ・「あいうえお」「かきくけこ」と 2 行が、JAVA コードで表示されます。

■注釈

  /* ... */  ← 複数行など、この範囲を注釈にする
  //         ← これより、右辺を注釈にする

// 変数宣言
  var msg1 = 'あいうえお';
  var msg2 = 'かきくけこ';

/*
=============================
  メッセージ表示
=============================
*/
  document.write(msg1 + '<BR>' + msg2);

■変数タイプ

  ・変数 variant 宣言しかできない。
  ・つまり、数値にも文字にも使用可能な変数となる。

■配列変数オブジェクト

  new Array(10)
            |_ 配列 0 〜 9 が使用可能 (C と同じ、VB とは違う。)

  new Array('a01', 'b02', 'c03')
            |_ 配列要素をダイレクトに生成

  ・配列へのアクセスには、添字を使用する。
    Array[1] = 'b02';

■演算子

  +       加算
  -       減算
  *       掛け算
  /       割り算
  %       余り
  ++      インクリメント (+ 1)
  --      デクリメント   (- 1)
  <<      左ビットシフト
  >>      右ビットシフト

  ++i は、i が参照される前にインクリメントされる。
  i++ は、i 参照後にインクリメントされる。
  ** 小数点の演算は標準では 2 進演算のため、誤差に注意すること!!

■代入

  =       単純代入
  +=      加算代入
  -=      減算代入
  *=      乗算代入
  /=      除算代入

  a = a + b; は、a += b; と等しい。
  16 進数は、0x0ff と表現。

■C 言語との共通点

  ・ほんんど C 言語記述です。
    ただ、C よりも文字列の扱いが、抜群に簡単になっています。
    尚、C で言う、ポインタは使えません。

■ホームページ作成 JAVA Script 編資料
■プログラミング言語資料
■企業サイト、商用サイト作成編資料
■ホームページ作成 HTML 編資料
■ホームページ作成 設計編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK