SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

ホームページ作成 JAVA Script 編 (その二) 制御構造、条件式、判定、ループ

■条件式

  ==       等しい
  !=       等しくない
  <        より小さい
  >        より大きい
  <=       以下
  >=       以上

  &&       and
  ||       or
  !        否定演算子

■if () 文    判断

  if (条件) {
    条件が真のとき
  }
  else {
    条件が偽りのとき
  }

  数値 1, 2 などは、true(真) 扱いである。
  0 は false(偽り)。

  if (a == 1) b = 2;

  if (a == 1) {
    b = 2;
  }

  if (a) {
    // a が 2 でも真になるので注意
    b = 2;
  }

  if (a == 1 && b == 2) {
    c = 1;
  }

  if ((a = b + c) == 2) {
    d = 1;
  }


  最後の代入結果を評価の対象にする構文は C 言語と同じである。

■switch () 多重判定

  switch (条件) {
    case 1:
      関数...
    case 2:
      関数...
      break;
    default:
      関数...
  }

  C 言語と同じく、break がないと、順に下に処理が流れので注意!!

■for ()   ループ

  for (初期値; 条件; 増分) {
    break;    // ループ脱出
    continue; // 次のループへ
  }

  for (i = 1; i <= 10; i++) {
    a[i] = 2;
  }

  for (i = 1, j = 1; i <= 10 && j == 5; i++, j++) {
    a[i] = ++j;
  }

  for (;;); // 無限ループ

■while () ループ

  while (条件) {
    条件が真のときループ
    break;    // ループ脱出
    continue; // 次のループへ
  }

  while (1); // 無限ループ

■return   脱出

  return; // 関数脱出

■ホームページ作成 JAVA Script 編資料
■プログラミング言語資料
■企業サイト、商用サイト作成編資料
■ホームページ作成 HTML 編資料
■ホームページ作成 設計編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK