SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB 環境編 (その五) OLE DLL、クラスモジュール、バイナリ互換

VB6 では、クラスモジュール(ClassModule) を使用して OLE DLL を作成するこ
とができる。

■DLL プロジェクト作成

  ・新しいプロジェクトで、ActiveX DLL を指定する。
  ・ClassMudule のプロパティ Instancing に 5 GlobalMultiUse を指定。
  ・この設定で、DLL 内の関数が OLE DLL としてグローバルに呼べる。

■DLL イニシャライズ

  ・DLL のイニシャライズイベントコードを記述することができる。
    ロードに特別な処理が必要なら Class_Initialize に書く。

Private Sub Class_Initialize()
'** DLL 準備
End Sub

  ・DLL のターミネイトイベントコードを記述することができる。
    アンロードに特別な処理が必要なら Class_Terminate に書く。

Private Sub Class_Terminate()
'** DLL 後始末
End Sub

  ・DLL の関数は、次のようにクラスモジュールに書く。

Public Function TestKansu(para1 as string, pata2 as long) as boolean
'** DLL 関数
End Function

■バイナリ互換

  ・プロジェクトで「バイナリ互換」にしておくと、コードの追加や修正による
    版数アップが参照プロジェクトのリコンパイルなしに実現できる。
    但し、関数を削除したり、パラメタリストが変わると警告が出る。

■VB 環境編資料
■VB 入門編資料
■VB 基礎編資料
■VB ビジュアル編資料
■VB テクニック編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK