SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB 基礎編 (その二) 変数宣言、グローバル、ローカル redim、const、type

■変数宣言

  VB は、C の様にいちいち宣言しておかなくても変数を使うことができます。
  但し、作った人間ですら、修正時にどの変数が使われているかなどわから
  なくなります。
  よって、必ず宣言してから使用するようにして下さい。
  VB 5.0 メニュー [ツール] [オプション] [編集] 「変数の宣言を強制する」
  には、必ずチェックを付けます。
  尚、VB 2.0 では、同様にソースの保存形式をテキストに設定します。
  (VB 5.0 は、標準でテキスト形式で保存してくれます。)

■グローバル、ローカル変数

  C や JAVA と VB の変数スコープは同じです。
  ローカル変数はその関数内でのみ有効です。
  (うーん、応用編で実習を通じて違いを覚えてもらおう。) (^^;

■定数宣言

  常に同じ値を持つようなものは定数として宣言できます。
  (もち、グルーバルとローカル定数宣言がある。)
  定数宣言しておくと、誤って代入したりできません。

■変数宣言の書き方

  dim namae as string
  dim toshi as integer

■動的変数宣言の書き方

  redim namae as string
  redim preserve toshi as integer
        |_ 現在の格納値はそのまま、領域拡張する

■定数宣言の書き方

  const SHAMEI = "SAK"
  const OK_FLG = 1

■構造体宣言

  構造体は、標準モジュール(コードモジュール .bas) で宣言するのが
  一般的である。

  Type OSVERSIONINFO
    dwOSVersionInfoSize As Long
    dwMajorVersion As Long
    dwMinorVersion As Long
    dwBuildNumber As Long
    dwPlatformId As Long
    szCSDVersion As String * 128
  End Type

  変数への割り当ては、dim を使用する。

  dim info as OSVERSIONINFO

■補足

  昔からの仕来たりで、変数 i、j、k はループカウンタによく使います。
  他の意味にこれは使わない方がいいでしょう。

VB6 でも、使用する前にまず、オプションの設定を行う必要があります。

■VB 基礎編資料
■VB 入門編資料
■VB ビジュアル編資料
■VB テクニック編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK