SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB 入門編2 - 変数とは、変数タイプ、変数宣言、定数宣言、アスキーコード

■変数とは

  ・プログラミングで言う変数とは、数値や文字列の記憶場所である。
    一般的に変数はメモリに割り当てられる。
    コンピュータは、2 進数のメモリにデータを記憶するので、文字も文字コー
    ドと言う数値データとして格納している。文字テータを文字列とよく言う。
    近年は、オブジェクト指向が強くなったせいか、変数にオブジェクト型と言
    うものが登場したり、バリアント型と言うなんでも格納できる変数がある。

  ・数値の格納方法には、2 進数で記憶するものや、10 進、外部 10 進などの
    形式がある。サポートされる変数形式はプログラミング言語によって若干違
    う。また、呼び名は同じでも言語によってサイズが異なる場合もある。
    例えば、VB の integer は 16 ビットであるが、32 bits C の int は 32
    ビットである。(16 bits C の int は、VB と同じ 16 ビット。)

  ・VB の場合、出来るだけ変数タイプを厳密に指定する方が動作速度が向上す
    る。long と string を多用する方が良い。
    variant の必要がないのに variant を使うのは、あまり好ましくない。

■変数タイプ

  ・VB の基本変数型は、次のとおりである。

    integer  整数型
    long     長整数型
    single   単精度浮動小数点型
    double   倍精度浮動小数点型
    boolean  論理型
    byte     バイト型
    variant  バリアント型

  ・変数の詳細は、次の資料を参照のこと。

    VB 基礎編 (その一) 数値計算、変数タイプ、演算子

  ・尚、VB には、C 言語のポインタ型変数宣言はない。
    直接、変数のアドレスを渡すことで、C 言語のポインタとして引き取ること
    はできる。通常、VB の引数はアドレス渡しである。

■変数宣言

  ・VB は、変数宣言を省略することも可能であるが、複雑なプログラムになる
    と保守性が著しく悪くなる。
    従って、必ず、変数宣言はした方が良い。
    プロジェクトで「変数宣言を必須」にするか、Option Explicit を使用する
    と、宣言されていない変数参照をエラーにできる。

  ・変数宣言は、次のようにする。
    変数名に VB6 では、日本語を使用することもできる。
    但し、ASP などでは、日本語変数名は許されない。

    dim a as string
    dim i as long

  ・一次元配列変数、二次元配列変数、三次元配列変数
    (1 次元配列変数、2 次元配列変数、3 次元配列変数)、
    多次元配列変数宣言は、次のようにする。
    標準では、添字は 0 から始まる。

    dim a(9) as string
    dim i(9, 9) as long
    dim j(9, 9, 9) as long

  ・動的配列変数宣言は、次のようにする。
    (動的配列宣言)

    redim a(max) as string
    redim i(max) as long
    redim a() as string
    redim i() as long

  ・構造体、レコード形式の定義と宣言は、次のようにする。
    type は、標準モジュール(コードモジュール .bas) で行う。
    (レコード宣言、ユーザ定義型、VB 構造体)

    type A_REC
      d1 as long
      d2 as double
      d3 as string * 10
      d4 as string * 20
    end type

    dim arec as A_REC

    arec.d1 = 10
    arec.d2 = 20.3
    arec.d3 = "abc"
    arec.d4 = "あいう"

  ・変数には、スコープと言う有効範囲や存在期間がある。
    グローバル変数とは、どこからも参照可能な変数を言う。
    ローカル変数とは、その関数内でのみ有効な変数である。
    汎用性のある関数を開発するためには、すべての外部変数はパラメタ(引数)
    として受け渡し、その他の変数をローカル宣言する。
    グローバル変数は、public 宣言で標準モジュール(コードモジュール .bas)
    で行う。

    public gla as long

  ・ローカル変数の存在期間は、その関数が呼ばれてる間だけであるが、static
    宣言すると、ローカルの静的変数となる。
    つまり、次に該当関数が呼ばれたとき、static 変数の値は前回のまま保持
    されている。

    static sta as long

  ・変数宣言の詳細は、次の資料を参照のこと。

    VB 基礎編 (その二) 変数宣言、グローバル、ローカル

■定数宣言

  ・定数は、宣言時にのみ値をセットすることができる。
    変数のように随時、値をセットすることはできない。
    定数にも、変数と同様にグローバル定数、ローカル定数がある。

    const REC_MAX = 99

  ・グローバル定数は、public 宣言で標準モジュール(コードモジュール .bas)
    で行う。

    public const REC_MAX = 99

■アスキーコード

  ・アスキーコード(ASCII コード) は、一般的に 0x000 〜 0x0ff の 1 バイト
    系文字コードのことを言い、半角カナ、グラフィック文字、制御コードを除
    いた文字として有効な部分のことである。
    有効な文字コードであってもハードや OS によって記号文字のデザインが異
    なることがある。
    Windows、Mac、UNIX でも、この部分のコードは同一のようである。

■VB 入門編資料
■VB 基礎編資料
■VB ビジュアル編資料
■VB テクニック編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK