SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB ビジュアル編 (その四) コマンドボタン command_click、default、enabled

■command

  ボタンコントロールは、押すとクリックイベントを実行します。

  【プロパティ】
    ・常に設定
        name        = ボタンの認識名   (Command1、CommandOK など)
        caption     = ボタン表示文字
        tabindex    = 入力フォーカスの移動順
    ・必要に応じて設定
        enabled     = 使用可能、無効
        default     = true にすると、enter キーで実行となる。
                      但し、enter によるフォーカス移動を処理する場合は、
                      必ず初期値の false とする。
                      一般の 「OK」「キャンセル】の場合、「OK」ボタンが
                      デフォルト設定されている。
                      (enter で OK と同じ動作をするでしょう?)
        cancel      = true にすると、esc キーで実行となる。
  【イベント】
        command_click ボタンが押されたとき呼び出される。
                      ・押されたときの処理を記述する。
  【ステートメント】
        使う必要なし
  【メソッド】
        使う必要なし

  【例】'** ボタンを無効にするとき
          command1.enabled = false

  【例】'** ボタンを有効にするとき (標準は有効)
          command1.enabled = true

■VB ビジュアル編資料
■VB 入門編資料
■VB 基礎編資料
■VB テクニック編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK