SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB テクニック編21 - RDO、ADO、oo4o 列見出し取得

■SAK 関数利用規程

  ・テクニック編で紹介する関数は、私こと Y.SAK の開発関数である。
  ・著作権明示部分の改編は認めない。
  ・個人、企業がこれらの関数を使用したり、一部を使用して新たなシステムや
    プログラムを開発することは自由です。
  ・但し、これらの関数を一部でも使用しているソフトウェアをシェアウェア、
    その他有償プロダクトとして配布・販売するには、私の許可が必要です。
    (無償のフリーソフトウェアなら、自由に配布しても良い。)
  ・これらの関数を使用して発生した、いかなる形での損害も私こと Y.SAK は
    賠償しません。

■RDO 列見出し取得

  ・RDO で、問い合わせ結果の列見出しを取得するには、次のようにする。

  Dim RDBen As rdoEnvironment
  Dim RDBcn As rdoConnection
  Dim dsn As String
  Dim sql As String
  Dim rs As rdoResultset
  Dim cl As rdoColumn
  Dim s As String

  dsn = "dsn=SAK3;uid=SAK;pwd=SAK"
  sql = "select * from sak.受注v1"

  Set RDBen = rdoEnvironments(0)
  Set RDBcn = RDBen.OpenConnection("", rdDriverNoPrompt, False, dsn)
  Set rs = RDBcn.OpenResultset(sql, rdOpenStatic, rdConcurReadOnly, rdExecDirect)

  For Each cl In rs.rdoColumns
    s = s & cl.Name & Chr(10)
  Next cl
  msgbox s

  rs.Close
  RDBcn.Close

■ADO 列見出し取得

  ・ADO で、問い合わせ結果の列見出しを取得するには、次のようにする。
    (テーブル列名参照、項目名表示、項目名参照)

  Dim s3cn_ado
  Dim dsn As String
  Dim sql As String
  Dim rs As Variant
  Dim i As Integer
  Dim s As String

  dsn = "dsn=SAK3_ADO;uid=SAK;pwd=SAK"
  sql = "select * from sak.受注v1"

  set s3cn_ado = CreateObject ("ADODB.Connection")
  s3cn_ado.Open dsn
  set rs = s3cn_ado.Execute(sql)

  For i = 0 to rs.fields.count - 1
    s = s & rs(i).Name & Chr(10)
  Next
  msgbox s

  rs.Close
  s3cn_ado.Close

■oo4o 列見出し取得

  ・oo4o で、問い合わせ結果の列見出しを取得するには、次のようにする。
    (テーブル列名参照、項目名表示、項目名参照)

  dim OraSession
  dim OraDatabase
  dim dbname as string
  dim cnuser as string
  Dim rs As Variant
  Dim sql As String
  Dim i As Integer
  Dim s As String

  dbname = ""
  cnuser = "SAK/SAK"
  sql = "select * from sak.受注v1"

  Set OraSession = CreateObject("OracleInProcServer.XOraSession")
  Set OraDatabase = OraSession.OpenDatabase(dbname, cnuser, 0)
  set rs = OraDatabase.CreateDynaset(sql, 0)

  For i = 0 to rs.fields.count - 1
    s = s & rs(i).Name & Chr(10)
  Next
  msgbox s

  Set rs = Nothing
  Set OraDatabase = Nothing
  Set OraSession = Nothing

■VB テクニック編資料
■VB 入門編資料
■VB 基礎編資料
■VB ビジュアル編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK