SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB ビジュアル編 (その三) テキストボックス tabindex、text_change、keypress

■text

  テキストボックスは文字を入力したり、表示したり出来ます。

  【プロパティ】
    ・常に設定
        name        = ラベルの認識名   (Label1、LabelToday など)
        text        = ラベル表示文字
        tabindex    = 入力フォーカスの移動順
    ・必要に応じて設定
        fontsize    = 文字の大きさ
        enabled     = 使用可能、無効
        passwordchar= パスワード用に表示を * にする
  【イベント】
        text_change   表示されている文字が変更されたとき呼び出される。
                      ・普通は使用しない。
                        照会キーが変更されたとき、照会データをクリアする
                        場合などには使用する。
                        単純に処理すると 1 文字入力する度に重い処理が走
                        ることになる。高度な処理ロジックが必要。
        text_keypress キーが押される度に呼び出される。
                      ・enter キーで次のフォーカスに移動するときなどに使
                        用する。これまた、単純に処理すると入力負荷に繋が
                        り、恐ろしく複雑なフォーカス移動ルーチンになる。
                        超高度な処理ロジックが必要。
  【ステートメント】
        使う必要なし
  【メソッド】
        text1.refresh   直ちに表示を最新に更新する。
                        ・ループ処理中などで強制更新するときのみ使用する。
                          通常は必要ない。doevents を使用しても同じ。
        text1.SelStart  選択開始位置(先頭が 0)
        text1.SelLength 選択文字数
        text1.SelText   選択文字列

  【例】'** テキストボックスに文字をセットする
          text1 = "あいうえお"

        text1 と text1.text は同じ意味となる。

  【例】'** テキストボックスから文字を引き取る
          dim a as string

          a = text1

  【例】'** "3456" を選択する

          Text1 = "123456789"
          Text1.SelStart = 2
          Text1.SelLength = 4
          MsgBox Text1.SelText

■VB ビジュアル編資料
■VB 入門編資料
■VB 基礎編資料
■VB テクニック編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK