SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB 入門編4 - 注釈、数値リテラル、文字リテラル、トークン、構文、特殊文字

■注釈

  ・VB の注釈は、シングルコーテション(アポストロフィ) で始まる。
    行の途中以降を注釈にすることもできる。
    但し、複数行の注釈指定はない。

    '注釈
    '** あいうえお
    msgbox "ok"  'メッセージ表示

■数値リテラル

  ・VB の数値リテラルは、通常は 10 進数表現である。

    100
    123.45
    -100

  ・16 進数表現にする場合は、&H で始める。

    &H0a
    &Hffff

  ・long 型の符号は、32 ビット目をサインビットとして表現している。

    1000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 B
    |_ サインビット

    &H80000000
    -2147483647

  ・long 型のメモリアロケーションは次のように上位と下位が逆である。

    &H01020304  (C 言語では、0x01020304 と表現する)

    04 03 02 01

    10 進数  16 進数  2 進数
          0        0       0
          1        1       1
          2        2      10
          3        3      11
          4        4     100
          5        5     101
          6        6     110
          7        7     111
          8        8    1000
          9        9    1001
         10        a    1010
         11        b    1011
         12        c    1100
         13        d    1101
         14        e    1110
         15        f    1111

■文字リテラル

  ・VB の文字リテラルは、ダブルコーテションで囲む。

    "あいうえお"
    "0123"

  ・文字リテラル中にダブルコーテションを含みたい場合は、chr(&H22) を使用
    する。

    "あいう" & chr(&H22) & "えお"

■トークン

  ・VB では、予約語や変数名、関数名に大文字小文字の区別はない。
    変数 a と A の宣言は同じである。

    dim a as long
    dim A as long

■構文

  ・VB の基本では、複数行に 1 構文を書くことはできない。
    VB6 は、アンダーパサインで継続行にできる。
    但し、1 関数における継続行指定には限界がある。
    あまり多用すると構文エラーになる。

  ・コードを見やすくするための空行はいくつあっても良い。
    また、トークン間の空白もいくつあっても良い。
    ネストなどの構文が見やすくなるように、字下げ(インデント) は一般的に
    使用する。但し、全角空白はエラーになるので注意する。
    全角空白は、文字リテラルの一部としてしか使用できない。

    dim a as string

    a = "abcdef" _
      & "ghijkl" _
      & "mnopqr"

    msgbox a, _
      0, _
      "タイトル"

  ・最近では、1 行に複数構文を書くのはあまり見かけないが、コロンで複数構
    文が書ける。

    dim a as string

    a = "abc" : a = a & "def" : msgbox a

■特殊文字

  ・文字リテラルとして普通に指定できない特殊文字は、次のように指定する。

    chr(&H22)     ダブルコーテション「"」  chr(22)
    vbTab         タブ                     chr(9)
    vbLf          ラインフィード           chr(10)           , chr(&H0A)
    vbCr          キャリッジリターン       chr(13)           , chr(&H0D)
    vbCrLf        改行                     chr(13) & chr(10)
    chr(0)        C 言語 NULL 文字
    vbNullString  C 言語 NULL ポインタ文字列

    msgbox "abc" & vbLf & "def"
    msgbox "abc" & chr(10) & "def"
    msgbox "abc" & chr(&H0a) & "def"

■VB 入門編資料
■VB 基礎編資料
■VB ビジュアル編資料
■VB テクニック編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK