SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

VB 環境編 (その二) オプティマイズコンパイル

■オプティマイズ

  ・VB6 のオプティマイズ機能は単純であるが、それでも効果は高い。
    プロジェクトのプロパティでコンパイラ設定する。
    (実行ファイル作成)

  ・コンパイルタグは、ネィティブコードコンパイル「コード実行速度を最適化」
    が良い。(サイズ最適化しても、あまり小さくならない。)
・コンパイルタグの「最適化の詳細設定」では、次のようにすると良い。 Pentium の FDIV バグは、90MHz 時代の話しのため、現存している Pentium では、チェックを削除して問題ないと考える。 その他の 3 つのチェックを削除すると処理性能が約 2 倍になる。 通常、C 言語では、こんなチェックは入っていない。 しかし、VB のエラーストップに慣れていると、エラーがあっても止まらな いので気をつけること。ただ、これらのチェックはプログラムをちゃんと作 っていれば問題にならない。 ・エイリアスであるが、コンパイラの誤解析防止のため、チェックはつけない。 エイリアスとは、変数名を関数内で違う名前で扱うことを言う。 例えば、a と言う変数を test(a) としてパラメタで関数に渡すとき、test の中で test(b as long) などと違う名前にするのは良くある。
■VB 環境編資料
■VB 入門編資料
■VB 基礎編資料
■VB ビジュアル編資料
■VB テクニック編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK