SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

CGI-Perl 基礎実地編 - 実習2 (変数埋め込み)

■test02.cgi

------ ↓ ここから ↓ ------
#!/usr/local/bin/perl

#// 変数
  $msg1 = "<P>はじめての CGI-Perl ですのん。</P>\n";
  $msg2 = 'CGI-Perl';

#// HTML 出力
  print "Content-type: text/html\n\n";
  print "<HTML>\n";
  print $msg1;
  print "<P>はじめての $msg2 ですのん。</P>\n";
  print '<P>はじめての ', $msg2, ' ですのん。</P>', "\n";
  print "</HTML>\n";

#// 終了
  exit(0);
------ ↑ ここまで ↑ ------

■解説

  ・この test02.cgi は、実行するとブラウザに
    「はじめての CGI-Perl ですのん。」が 3 行表示されます。

  print $msg1;
        |_ 変数 $msg1 の内容を出力。

  print "<P>はじめての $msg2 ですのん。</P>\n";
        |_ 変数 $msg2 がダブルコーテーションのリテラル内にあるので、
           展開されて "<P>はじめての CGI-Perl ですのん。</P>\n" と
           同じになる。

  print '<P>はじめての ', $msg2, ' ですのん。</P>', "\n";
        |_ スタンダートにカンマで区切って出力。
           日本語の「表示」には \n と同じコードが含まれるため、
           print "表示"; とすると化けます。
           この様な場合、print '表示'; を使います。

■補足

  ・Perl では、変数宣言は省略できます。
    変数タイプは、VB6 の variant みたいな感じです。

■実地

  ・test02.cgi も実際に作成してテストしてみましょう。
    アレンジを忘れずに。

■CGI-Perl 基礎実地編資料
■CGI-Perl 基礎編資料
■CGI-Perl 応用実地編資料
■PHP 基礎編資料
■PHP + MySQL 編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK