SAK 図書館

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

システム設計 基礎編 (その二) 要求分析、現状分析

■要求分析

  ○目的や意味の明確化

    ・だいたいは、その要求に至った背景やなぜそうしたいか、最大の目的は何
      かを明確に掴めばいいと思います。
      特に目的は、これが出来なければ、または、これが達成できなければシス
      テムの意味がないと言うものはどれか把握しましょう。

    ・色々と多用な目的を織り込むのは私はすきじゃありません。
      なにか玉虫色のシステムが出来上がって、すべてが中途半端と言うのは嫌
      いです。例えば、納期厳守と在庫削減なんてのは、普通は両立しないんじ
      ゃないでしょうか。(ここが生産管理の難しいところかもしれない。)
      だから、どちらを優先するのかと言うのを明確にしておかないと、システ
      ムの求めるものは違ってくると思います。

    ・帳票への項目追加ベースであっても、その目的を知ることは大切です。
      なにか新しい管理をしたいのであれば、システムとして仕組みを考える方
      がおもしろいです。もっと良い管理の仕方がある、別の資料に項目を追加
      した方が、より管理しやすいなど、考えるといいでしょう。
      「ここを、こうしてくれ」と言うのは、選択肢を限定してしまうので、な
      にがしたいのかと言う依頼の根本内容を聞くようにしましょう。

  ○システム企画、計画立案

    ・要求分析で得た結果を基に、システムの企画や計画書を作ります。
      背景、目的、付随効果、購入物件、システム概要、スケジュールが書けれ
      ばいいでしょう。
      要は、こういう目的でやります。これぐらいの費用と時間がかかりますと
      言うことを提示するわけです。

■現状分析

  ○業務フロー作成

    ・自分ができることをシステムデザインすることは容易です。
      早い話、どうやって物や書類がまわっているか、どんな計算や判断をして
      いるか教えてもらって、自分が出来るようになればいいのです。
      それを人が見てわかるように書けば、それが業務フローとなります。

    ・一般に業務は他の部署などの連携で成り立っています。従って、全体シス
      テムのどこをやっているのか理解しておきましょう。
      目的を達成するためには、他の部署の協力が不可欠な場合も多いです。

  ○例外処理フロー作成

    ・絶対に忘れてならないのが、イレギュラーや年に 1 度しか発生しない様
      な処理です。コンピュータでやる、やらないは別にして、システムとして
      処理可能でないと困ります。
      システム = コンピュータ ではなくて、システム = 人 + コンピュータ
      です。もっと言えば、コンピュータを使用していなくてもシステムです。
      私は、運用ルールなんかも含めたすべてをシステムと考えています。

    ・例外処理は、実際のところなかなかコンピュータではやりにくいものです。
      ですから、その頻度と重要度を把握して、どうするかデザイン時に考えて
      下さい。例外処理に限らず、手作業でやると言うのも立派なデザインです。
      システムとして処理できればいいのです。

ってことで、デザイン以降のお話は、システム設計 基礎編 (その三) で。

■システム設計 基礎編資料
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 図書館・カフェ 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK