SAK ソフトウェア FAQ - ASP

SAK Streets メインストリート 工房 一覧 SAK Streets 検索
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

ASP

Q-【ASP】 CGI-Perl 版があるものは、そちらの方が優れています

■IIS や PWS でも Perl を動かせますので、ASP ソフトウェアと同等のものが
  SAK 公開の CGI-Perl 版ソフトウェアとしてあれば、そちらのご利用をおすす
  めします。IIS、PWS での設定については、
    FAQ - ウェブ CGI-Perl
      Q-【IIS、PWS】 IIS、PWS で Perl が使いたい
      Q-【IIS、PWS】 IIS、PWS では、CGI カレントが固定になる
      Q-【IIS、PWS】 アイコン画像が表示されない
      Q-【IIS、PWS】 ActivePerl で使えるか
  を参照下さい。

Q-【ASP】 SAK3 ダイナミックリンクライブラリが必要なもの

■【必要 DLL】 SAK3 ダイナミックリンクライブラリ
  と、明記されているソフトウェアには、sak3dll.lzh または、sak3dll.exe が
  必要です。次のページからダウンロードして下さい。
  http://sak.cool.coocan.jp/w_sak3/soft/public/sak3sft.htm

  また、『SAK3 ダイナミックリンクライブラリ』 をインストールする前に
  『Microsoft Visual Basic6.0 (SP3) 基本ランタイムセット』 のインストール
  が必要です。(スモール版ではダメです。) 
  『Microsoft Visual Basic6.0 (SP3) 基本ランタイムセット』 がインストール
  されていないとエラーで 『SAK3 ダイナミックリンクライブラリ』 はインス
  トールできません。 尚、sak3.dll の実行環境にも VB6 ランタイムは必要です。

  VB6 ランタイムは、雑誌等に付属している CD-ROM か、ベクターで
  「VB6基本ランタイム」で検索して、3MB 程度のランタイムをインストール
  して下さい。(SP5 での動作実績あり。)
  Microsoft Visual Basic6.0 (SP3) 基本ランタイムセット (3,093,754 bytes) 
  http://www.vector.co.jp/

  ソフトウェアによっては、更に次のものが必要な場合があります。(最新版でも OK)
  Microsoft Data Access Components 2.0 SP2 (6,695,216 bytes) 

Q-【ASP】 「無効なクラス文字列です」 と表示される

■sak3.dll などのクラスモジュールは、IIS、ASP のサービスサーバ上にインス
  トールしなければ利用できません。
  クライアント PC や他のサーバにインストールしていないか確認して下さい。

Q-【ASP】 仮想エイリアスでの使用に問題があるか

■現在公開しているソフトは、特に仮想エイリアスでの使用に問題ありません。
  私のイントラでも仮想エイリアスを使用しています。

■asp プログラムのインストール先についても、仮想エイリアス中でも問題あり
  ません。仮想 cgi-bin/ で動作させています。

Q-【ASP】 文字化け対策

■現在公開している ASP 関係最新版は、charset=Shift_JIS を定義してありますが、
  旧版は、文字コード META が指定されていません。
  <HEAD> を検索して、次のように charset=Shift_JIS と META タグ指定して
  下さい。(最新版では修正不要です!!)

<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
</HEAD>

Q-【ASP】 ハングアップして応答しない

■サーバにウィルスチェックソフトが導入されている場合、スクリプト遮断が
  有効になっていると、ファイルシステムオブジェクト(Scripting.FileSystemObject)
  のメソッドで応答なしになる場合があります。

  ・この症状は、サーバのウィルスチェックソフトのスクリプト遮断を無効に
    する以外、解決の方法がありません。

  ・Norton Internet Security - Norton AntiVirus の場合、ウィルススキャン
    の常駐機能とは独立して、スリクプト遮断機能が動作しているようです。
    (常駐を無効にしてもスリクプト遮断は有効のようです。)
    Norton AntiVirus オプション設定画面より、「スクリプト遮断を有効にする」
    のチェックをはずさないとダメと思います。

Q-【ファイリングサービス】 Application オブジェクトエラー

■現在公開している ASP 関係最新版は、IIS5 対応になっていますが、旧版では、
  Set application("s3fs") = Server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  のコード部分が、お使いのサーバ環境によっては、
  「Application オブジェクト, ASP 0197 (0x80004005)
  アパートメントモデルの動作を持つオブジェクトを Application 固有オブジェクトに
  追加できません。」と、エラーになる場合があります。
  (IIS5 では、session("s3fs") でしか使用できないので注意する。)

  ・asp ソース中の application("s3fs") を session("s3fs") に全部リプレース
    していただければ動作します。(最新版では修正不要です!!)
    ファイリングサービスでは、10 本の .asp が対象になります。
    フリーソフトとして公開している「連続ソースリプレース」を使うと簡単です。
    「application("s3fs"),session("s3fs")」の定義でリプレースできます。
    (もちろん「」は説明のためで、実際の定義では不要。)

Q-【ファイリングサービス】 Server オブジェクトエラー

■Server.CreateObject("sak3.Sak3Cls")
  Server.CreateObject("sak3web.Sak3WebCls")
  のコード部分が、お使いのサーバ環境によっては、
  「Server オブジェクト, ASP 0177 (0x8007007E)」
  と、エラーになる場合があります。

  ・asp ソース中の Server.CreateObject("sak3 を CreateObject("sak3 に
    全部リプレースしてみて下さい。
    フリーソフトとして公開している「連続ソースリプレース」を使うと簡単です。
    「Server.CreateObject("sak3,CreateObject("sak3」の定義でリプレース
    できます。(もちろん「」は説明のためで、実際の定義では不要。)

  ・尚、この修正をしても同じ箇所でエラーになる場合があります。
    一度、IIS 稼働のサーバをリブートしてみて下さい。
    また、SAK3 ダイナミックリンクライブラリを再インストールすることで、
    回復する場合もあります。

Q-【ファイリングサービス】 フォルダ、ファイルが作成できない

■フォルダ、または、ファイルを作成しようとすると「処理できませんでした」
  とエラーになる場合、次のようなことが考えられます。

    1. フォルダ名、ファイル名として既に同名が存在する。
         → 別の名前でテストしてみて下さい。

    2. フォルダ名、ファイル名として無効な文字が指定されている。
         → abc など単純な英字でまずテストしてみて下さい。

    3. フォルダ作成、ファイル作成の権限が IIS で設定されていない。
         → IIS の権限設定を確認してみて下さい。

  ・フォルダ関係は、_fldfnc.asp の 51 行目の「on error resume next」を
    次のように注釈にして、詳細エラーを確認して下さい。
    尚、注釈にしたままでは正常な運用はできません。
    エラーの原因究明にのみ注釈扱いにして下さい。

  'on error resume next

  ・ファイル関係は、_filfnc.asp の 51 行目の「on error resume next」を
    同様に注釈にして、詳細エラーを確認して下さい。

Q-【ファイリングサービス】 ハングアップして応答しない

■サーバにウィルスチェックソフトが導入されている場合、スクリプト遮断が
  有効になっていると、ファイルシステムオブジェクト(Scripting.FileSystemObject)
  のメソッドで応答なしになる場合があります。

  ・この症状は、サーバのウィルスチェックソフトのスクリプト遮断を無効に
    する以外、解決の方法がありません。

  ・Norton Internet Security - Norton AntiVirus の場合、ウィルススキャン
    の常駐機能とは独立して、スリクプト遮断機能が動作しているようです。
    (常駐を無効にしてもスリクプト遮断は有効のようです。)
    Norton AntiVirus オプション設定画面より、「スクリプト遮断を有効にする」
    のチェックをはずさないとダメと思います。

Q-【ファイリングサービス】 サブフォルダが解凍されない

■公開パッケージを LHA ツールで解凍した際、読んでね.txt のようなフォルダ
  構成で展開されない場合があります。

  ・最近の LHA ツールの標準設定は、ディレクトリ付展開が標準ですが、中には
    設定が違うものがあるかもしれません。
    ディレクトリ付解凍に設定して下さい。
    LHA パラメタとしては x です。
    詳しくは LHA の説明を参照して下さい。

Q-【ファイリングサービス】 機能説明など

■「020_保管メッセージ/」の中に
    9999.99.98_SAK3_ファイリングサービス新機能お知らせ.txt
    9999.99.99_SAK3_ファイリングサービス新機能お知らせ2.txt
  があります。
  基本機能の説明については、「利用手引」ボタンで表示されます。
| VB | SQL | Perl | PHP | ASP | JSP | C | PC | HP | FAQ | フリーソフト |

SAK Streets メインストリート 工房 一覧 SAK Streets 検索



Copyright (C) 1999-2017 Y.SAK